インターネットで無線LAN使用しているならばWi‐fi。そうでなければWimax。

Wi-Fiは自宅のインターネット回線から無線LANというもので電波を飛ばして、その電波を携帯やモバイルPCなどで利用することです。

また、自宅ではない屋外でも、サービスとして公衆無線LANというものがあり、マック・スタバ・新幹線の中などで無線LANの電波が利用でき、インターネットを使用することができます。

 

その電波を出す元のルーターというものは、光回線やADSLなどであったりします。

さらに、小型Wi-Fiルーターというものがあり、それは3G回線という、通常は携帯電話やスマホで使用する電波を拾ってインターネットが可能になるものです。

これはあくまでも音声を送ることを想定しているので、速度が遅くなります。
上記のように。自宅内ですでにインターネット回線がある(光やADSL)場合はWi-Fi機能がついたスマホなどでは無料でしかも早い速度でインターネットにつながるため、使用しやすいです。

ですが、屋外で小型Wi-Fiルーターを使用となると有料になり、しかも携帯電話用の回線がおおもとのため、つながる速度は遅くなります。

 

一方、Wimaxの場合、そのルーターはデータ通信用の電波を使用し、それを無線LANでパソコン・ゲーム機・タブレットに飛ばすことになるため、速い速度でインターネットを利用することができます。

光回線やADSLなどを自宅でなくても、また公衆無銭LANサービスがなくてもよいのです。

そのかわり、別に契約と料金が必要になってきます。

 

今の光回線やADSLとやめてWimaxのみにすると料金は下がるようですが、電話のサービスは受けることができないようです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ