インターネット接続に必要なものは何か?

普及して久しいインターネットですが、いざ自分で一から接続しようと思うと意外と難しいと感じてしまうことでしょう。

様々な用語が飛び出すため、一体何から手を付けたら良いのか悩んでしまうことも多いかと思います。

 

インターネットに接続するためにはインターネット回線とプロバイダーというものが必要となります。

回線というのは光回線やADSLといったもので、フレッツ光などがそれにあたります。

 

ADSLのほうが価格が安価という特徴がありますが、回線の速度が遅いというデメリットがあります。

回線が遅いとページの読み込みに時間がかかったり、動作が不安定になったりするため、ストレスを感じることなくインターネットを楽しみたいのならば光回線がおすすめです。

 

対するプロバイダーというのは仲介者のようなもので、YahooBBやSo-netといったものになります。

回線があってもこのプロバイダーがなければインターネットに接続することができない、いわばインターネットの世界に入るための門やチケットといったイメージです。

 

本来それぞれ別々に契約することになるのですが、最近では光回線と一緒に提供されているプロバイダーも少なくありません。

特にフレッツ光とセットになっていることが多いため、その中から選択するのも良いでしょう。

申し込みはプロバイダー会社から行ったほうがキャンペーン等が充実していることが多いようです。

 

少し難しく感じるかもしれませんがじっくりと向き合えば理解できるかと思います。

自分で選んだ回線やプロバイダーと契約をして楽しいインターネットライフを送りたいものですね。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ