DMM光は2年継続利用を前提としている

DMM光は、動画配信サービスのDMMが光コラボレーションモデルとして光回線事業に参入して生まれました。

他の光コラボレーションモデルでは、2年単位の自動更新契約が多いですが、DMM光では契約期間を2年間として自動更新契約型の縛りを設けないという特徴があります。

 

2年以内に解約した場合には9,500円の解約違約金が請求されますが、2年以上経過した後ならばいつ解約をしても解約違約金が掛からないというわけです。

2年単位の自動更新では無いので、これから2年は使うという前提ならば選択肢に入れても良いでしょう。

 

DMM光は動画配信サービスを本業としているDMMが事業主体となっているので、動画配信サービスが快適に利用出来る通信方式を積極的に採用しています。

IPv6プラスという新しい通信方式を追加料金無しで利用可能とすることで、積極的なIPv6通信が利用されます。

 

IPv4という従来の接続方法では、アクセスが集中して混雑した時にも迂回ルートを通って通信を維持出来ませんでした。

しかし、IPv6通信を最初から行なうことで、データが流れるルートを自由に選択出来るようになり、空いている区間へ迂回した通信が可能です。

 

動画配信サービス利用中には、僅かなコマ落ちや通信遅延によりスムーズなストリーミング動画配信を受けられない状態となりかねません。

バッファ機能により通信維持が出来ても画質を落とす調整が入りやすくなるので、高画質動画配信を楽しみたいならIPv6プラスが標準利用出来るDMM光がお得です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ