WiFiとWiMAXの知っておきたい特徴

便利な高速インターネット通信を利用可能なのが「WiFi(ワイファイ)」と「WiMAX(ワイマックス)」の良いところです。

この2つの違いをより深く理解することによって、自分に合った魅力的なネットライフを送ることができます。

まず、意外と知られていない両者の違いについて解説していきましょう。

WiFi(ワイファイ)

wifi

WiFiの定義は人によっても少し分かれますが、現在の状況では無線LAN=WiFiと捉えても差支えはありません。

高品質な通信環境を作り普及するための総称がWiFiで、一般的なパソコンの他に、ミュージックプレイヤーやポータブルゲーム機などにも対応機種は多く、アクセスポイントを設置して利用します。

有線の煩わしさがないのでオフィスなどでも使われることが多く、導入実績もかなり多く世の中には浸透している規格です。

繋がるカバーエリアが多いのが特徴の一つといえるでしょう。

WiMAX(ワイマックス)

wimax

そして対するWiMAXの特徴は、モバイルルーターを駆使して外でも気軽に高速通信できることです。

しかもその通信速度は速く、WiFiを凌ぎます。
通信速度や安定性を重視する動画視聴や、大容量データのやり取りにはこちらのWiMAXのほうが向いています。

しかし、カバーエリアの面ではややWiFiに引けを取る部分があります。
カバーエリア拡大は年々進んでいるため、少しずつ解消されてはいますが、両者の特徴を見極めるにはこのカバーエリアの点は頭に入れておくべきでしょう。

より使いやすい高速通信を選択し、自分だけのネットライフを充実させてみてください。


WiFiとWiMAXを両方使ってみました

私は、モバイル通信をしたくて「WiFi(ワイファイ)」と「WiMAX(ワイマックス)」の両方を使ってみました。

結論から先に言うと、WiFiの方が快適に使えましたので、イーモバイルのWiFiルーターを利用しています。

WiFiの感想

WiFiはWiFiルーターと端末の間を通信しているので、WiFiルータがどの無線通信をしているのかと言うのが重要です。

イーモバイルの場合は、3G回線とLTEの回線を利用しているので、3Gエリアの入る地域では安定して電波が入ります。

携帯電話の使えるエリアならば使えるので、非常にエリアが広いです。
その上、都心部でしたら、LTEの回線で高速通信が利用できます。

通信エリアに困ったのは1度だけあって、富士山の近くでは電波が届かなくて、困りました。

欠点としては、通信制限があることなので、動画をたくさん見るような使い方にはWiMAX2+が良いかも知れません。

WiMAXの感想

一方、WiMAXは、大きな電波塔から一気に通信しているようなイメージを持ったほうが良いと思います。

首都圏の開けている場所での通信は非常に快適です。
野球場などで使う場合は、とても通信が早かったです。

しかし、会社の会議室やトイレの個室、地下街では全く通信できないことがあって、肝心な時に使えないイメージを持ちました。
そのため、私の生活圏では、WiMAXとの相性があまり良くなかったです。

WiMAXは、エリア内であっても通信条件によって使い勝手が変わってきます。

無料お試しを活用して、ご自宅の受信状況を確認してみると良いでしょう。


WiFi(ワイファイ)の料金比較

サービス名 月額料金 特典 即日発送 プレゼント
楽天スーパーWiFi verygood月2,839円 (税込) verygood楽天ポイントがずっと3倍 good最短翌日お届け good楽天ポイント贈呈
ヤフーWiFi good月2,743円 (税込)条件あり averageプレミアム会員特典有り good最短翌日到着 なし
GMOとくとくBB good月3,175円 (税込) good端末0円、初月無料 3~10日後到着 なし

WiMAX(ワイマックス)の料金比較

サービス名 月額料金 特典 即日発送 プレゼント
BroadWiMAX verygood月2,856円 (税込) good安心の無料乗り換え保証 good端末即日発送 good端末0円キャンペーン有
UQWiMAX average月3,696円 (税込) goodWiMAXとWiMAX2+両方使える 指定なし good商品券プレゼント
GMOとくとくBB verygood月3,609円 (税込) good端末0円。初期費用0円 4営業日以降発送 verygood現金1万5千円キャッシュバック

サブコンテンツ

このページの先頭へ